本日は再び番外編のこちら!

IMG_2852

ライディーンビール
ヴァイツェンです!


 番外編が続いてしまいましたが、どうしても今日はビールを飲みたく、そして少し珍しめのものなのでレビューしてみます。
 それでは今回も番外編なので軽めの気分でいきます!


  • ライディーンビール 
ヴァイツェンの概要


・種類:ビール

・価格:600円前後(330ml)

・入手難易度:普

・アルコール度数:5度

・特徴:新潟県にある八海醸造社が販売するクラフトビールで猿倉山ビール醸造所で作られています。

 ライディーンという名前は、お米の生産地としても有名な新潟の南魚沼に流れる名水「雷電様の清水」からきています。この極軟水の名水がビールの仕込み水として使用されています。
 ライディーンビールは日本の大自然に囲まれた環境で作られて、日本の四季や食材に合わせられる豊富なラインナップも特徴的です。

 今回のビアスタイルは「ヴァイツェン」ドイツ発祥の伝統的なタイプで、小麦麦芽を50%以上原料に使用していることが特徴です。やはりビールといえばパッとドイツが思い浮かびますね、、、。



  • ライディーンビール 
ヴァイツェン 実飲

IMG_2854
 この明るく少し濁った液色​がいかにもヴァイツェンです。ラベルには

「加熱殺菌を施していない生ビールです。ビン内で酵母が生きています」

と書いてあります。特段不思議なことではないですが改めて言われるとドキッとします。


  • ライディーンビールヴァイツェンの味わい
 ヴァイツェンといえばバナナのような甘い香りが特徴ですが、確かにネットリとした甘い香りがします。ただ甘ったるいわけではなく透き通った爽やかさもあり良きです。
 お味はパイナップルを感じる甘酸っぱさ、とても余韻にかけてジューシーです。いくつかヴァイツェンを飲んできましたがかなりスッキリとしてフルーティーな味わいだと思います。

  • ライディーンビール
ヴァイツェンの感想


味わい:★★★★★★

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:やや高

総合点:★★★★★☆

  • 感想
 個人的な感想は「上品で、めちゃくちゃ美味いヴァイツェン」です。ただそれに相応しい価格で常飲はできないボトルです。
 330mlで600円を超えるので、かなり高級なビールだと思います。
 ただ、外で飲むと(そもそも飲食店でこのビールを見かけたことはないですが)さらに高くなるとおもうので意外と瓶で買っちゃった方が良かったりします。
 実はこのビール、私は飲むのが2回目なのですが改めて美味いなあと思うビールでした。バイトやお仕事の給料が入った日にはぜひこれで乾杯してみてほしいです。




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。