本日のお酒はこちら!

IMG_2960
ブラックニッカ スペシャルです!

 こちらのウイスキーはみんな大好きローリー卿(ひげおじさん)が一番シンプルにデカデカといる中、ラインナップ上では何かと地味目なイメージ。
 皆さんが思い浮かべるブラックニッカは「ブラックニッカ クリア」の人が多いと思いますが、果たしてこの堂々としたブラックニッカスペシャルはどのようなキャラクターなのかを調べ、レビューしていきたいと思います。


  • ブラックニッカ スペシャルの概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド ジャパニーズウイスキー

・価格:1400円前後(720ml)

・定価での入手難易度:低

・アルコール度数:42度

・特徴:ニッカウヰスキーが家庭でも気軽に楽しめるようなウイスキーとして開発した「ブラックニッカ」シリーズ。本作は価格的に言うと結構上位にいますが、歴史が一番長く、ある意味主役のようなボトルかもしれません。

 「ブラックニッカ」のシリーズは今までいくつかご紹介してきたので、もしよろしければご覧ください。

 1956年に初号ブラックニッカが発売され、以降現在までシリーズとして続きます。「ブラックニッカ スペシャル」という名前でのボトルが発売されたのは1985年で、中身の原酒の種類や比率などは若干変わりながら販売され続けています。
 ブラックニッカの中では一番長寿な商品で、初号ブラックニッカの後継にも当たるようなボトルですが、ブラックニッカクリアやリッチ、ディープブレンドがラインナップに参戦したためどうも影が薄くなっているイメージです。皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

 1999年から宮城峡蒸留所のカフェグレーン原酒を使用するようになり現在の構成に近いものとして完成されたようです。
 と、言いつつ詳しい構成内容は不明で、もちろんニッカの余市宮城峡蒸留所のモルト原酒に宮城峡のカフェグレーンがブレンドされていると思いますが、、、。

 以下、ラベル裏の文章です。

「しっかりとしたモルト香とやわらかで軽快なカフェグレーンの香りの調和。モルトのコクと樽のビターさ、カフェグレーンの甘く伸びのある味わい。穏やかなピートと樽の余韻が特徴です。」

当たり障りのない紹介文ではありますが、なんとなく余市モルトが主に使われているっぽいですね。アルコール度数が42度、内容量が720mlとこれまた微妙に高く多いのが面白いですね。


  • ブラックニッカ スペシャル 実飲
IMG_2961

 いかにもブラックニッカなボトルなのですが、ウイスキーが好きな人でない限り中々このボトル名は当てれないのではないでしょうか。この少し古臭い感じ、私は嫌いではありません。

  • ブラックニッカ スペシャルの香り
 バニラが甘く香るクッキー。少し湿ったようなピート臭さ。若干白桃のようなフルーツ感が奥にあります。

  • ブラックニッカ スペシャルの香り
 予想よりピートの旨さが沁みる味わいでした。キャラメル、かなり甘めのバターサンド、余韻にかけてワイルドな野草臭さ。刺激は並程度でしょうか。
 加水をすると刺激は素直に収まりますがレーズンと洋梨のような独特な甘さが強く現れます。

  • ブラックニッカSPハイボール
IMG_2962
 ハイボールにすると舌を纏うキャラメルっぽいネットリ系の甘さ、そして何だろう、土っぽさというか、ヒネっぽさというか。しかし余韻はキレが良くスッキリとしていてハイボールにしてもありかなあと思います。


  • ブラックニッカ スペシャルの感想


香り:★★★★☆☆

味:★★★★☆☆

ハイボール:★★★☆☆☆

デザイン:★★★★☆☆

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:やや高

総合点:★★★★☆☆

  • 感想
 なんともイイ味を出しているのに、何となく地味な印象を受ける不遇さを感じました。ブラックニッカSPの公式商品紹介も短い文章でまとめられていて、、、。あまりに歴史が長いので説明不要と言ったところなのでしょうか。
 個人的には香りが好みで、このうっとりする甘ーいお菓子のような香りが印象的でした。
 値段もブラックニッカクリアの倍と言われれば高く聞こえますが、千円台前半なので宅飲みでも十分活躍できるボトルだと思います。
 「あ〜こんなボトルあったな、飲んだことないや」と言う方は改めてヒゲおじさんと向き合って飲んでみてほしいです。



※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。