本日も番外編ですがこちら!

IMG_3067
リンデマンス
ペシェリーゼです!

 こちらの高級感漂うセクシーなボトルはビールです。そのため今回も番外編となります。お酒片手にササッと行きましょう。


  • リンデマンス ペシェリーゼの概要


・種類:発泡酒

・価格:500円前後(250ml)

・入手難易度:やや高

・アルコール度数:2.5度

・特徴:ベルギーでワインや、フルーツビールなどを扱うリンデマンスのボトルです。

 フルーツビールは、ビールの製造過程にフルーツを漬け込む工程を加えたり、果汁や香料などを足して作られます。柑橘系果実やリンゴ、チェリー、パイナップルなど本当に様々な種類が存在します。
 今回のペシェリーゼ、ぺシェとはフランス語でを意味する単語です。このペシェリーゼには他にもアプリコットリンゴ果汁が含まれているそうです。
 クラフトビールを提供する居酒屋さんでもたまにフルーツビールを見かけます。興味をそそられて注文する人も多そうですよね。それでは早速!


  • リンデマンス ペシェリーゼ 実飲
IMG_3069

 セクシーで煌びやかなボトルはまるでシャンパンのようです。色は濃いですね。

  • リンデマンス ペシェリーゼの味わい
 注いだ時から桃の甘い香りが広がります。しかし飲んでみるとリンゴ由来か、ツンとした甘酸っぱさもあります。ビールらしい要素や苦味がほぼなく、これはフルーツミックスジュースに近いと思いました。アルコール度数も2.5度なのでお酒が弱い人もカクテルとして楽しめそうです。


  • リンデマンス ペシェリーゼの感想



味わい:★★★★☆☆

コスパ:★★☆☆☆☆

宅飲みオススメ度:普通

総合点:★★★☆☆☆

  • 感想
 今回は初めてフルーツビールをレビューいたしました。予想以上にジュース感が強くビールとして飲むと違和感を覚えるかもしれません。
 フルーツビールの中にはビールらしい味わいを強く残しているものもあり、その味わいの傾向バランスは個人の好みによりそうです。
 今回のペシェリーゼはサワーやジュースのように飲みやすく、人工的な雑味があまり感じられない自然な甘さだったので、少しお値段は張りますが楽しく飲むことができました。


※リンデマンスの飲み比べセット。中央のボトルがペシェリーゼです。