本日のお酒はこちら!

IMG_3137
ロンサカパ 
センテナリオ23年です!


 今回はウイスキーかと思いきやラム酒です。かなり序盤にバカルディのホワイトラムをレビューしました。その時から読んでいただいている方がいらっしゃるようで感激です。

 それでは早速概要へ!


  • ロンサカパ 
センテナリオ23年の概要

​・種類:ラム酒

・カテゴリー:ダークラム

・価格:4500円前後

・定価での入手難易度:やや低

・アルコール度数:40度

・特徴:グアテマラ共和国で「世界で最も美味しいラム」として生産されているロンサカパのスタンダードボトルです。
 スタンダードといっても、ラインナップはこの23年と、その上のロンサカパXOしか基本はありません。

 ロンサカパはグアテマラのサカパ市で作られます。サカパ市創立100周年を祝うために生み出されました。

 ラム酒に関しては「バカルディスペリオール」の記事で軽く説明していますので、全く分からないと思ったらチラ見してみてください。

 多くのラム酒にはモラセスと呼ばれる砂糖精製の時に残る糖蜜を原料にしていますが、ロンサカパは凝縮したサトウキビの一番搾り汁のみを使用するという、なんだか涎が出てきそうなキーワードです。
 発酵の際はパイナップルから抽出した酵母を使用するそうで、特有のアロマを放つそうです。

 熟成は6〜23年と長期間です。ただウイスキーと違うのは「○○年」と表記されていた場合に、ラム酒は「最高○○年まで熟成」という意味。ウイスキーは「最低でも○○年以上熟成」という意味なのでお間違いのないように!

 ロンサカパは「雲の上で熟成されている」とも言われていて、海抜2300mにある雲の上の家という世界1標高の高い場所にある熟成庫で樽熟されます。空気が薄く気圧が低いので樽の影響が液に強く出るそうです。
 樽の管理はシェリー酒などに使われるソレラシステムを参考にした独自の方法を採用(「グレンフィディック15年」の記事をご覧ください)しています。

 ちなみに、おさらいになりますが今回はダークラムと呼ばれるカテゴリーです。文字通りダークな色合いで、3年以上熟成されたものがダークラムとなります。
 ホワイトラムゴールドラムダークラムと徐々に熟成期間が長くなるイメージです。

 それでは早速いただきましょう。


  • ロンサカパ
センテナリオ23年 実飲
IMG_3138
 本当にダークな色合いですね。ちなまにボトル下部の藁のような巻物は「ペタテ」というマヤ文明時代から伝わる工芸品です。プリントされているわけではなく実際に巻かれているので高級感がありますし手触りも気持ちいいです。

  • ロンサカパ センテナリオ23年の香り
 溢れんばかりのレーズンと、少しみずみずしさを感じるベリー系果実。非常に甘い香りです。シェリー系ウイスキーに近いですがより深くのしかかるような甘さと強いコクが印象的です。

  • ロンサカパ センテナリオ23年の味
 流石にお味も強いレーズンの甘酸っぱさ。余韻にかけてふんわりとした柔らかなフルーツバスケット。中盤からの強いコクがチョコレート感を再現していてとてもスイーツらしいお酒です。
 ロックで飲むとかなり味わいが変化して、黒糖シロップや蜂蜜、豆のような香ばしさなどこれはこれで美味しいです。

  • ロンサカパ 
センテナリオ23年のオススメカクテル
IMG_3139
・サカパソーダ
 このような高級ダークラムだと、最初はやっぱりシンプルなソーダ割りを試したいところ。ここにライムなんて添えると華やかなのですが、ライム今品切れなのでそのままの味を楽しみたいので、、、いつも通りのハイボールと同じくいただきます。
 赤肉メロンのような甘さが現れてこれは美味いです。単純にソーダで割るだけでもこんなに美味しいカクテルになっちゃいました。

IMG_3140
・サカパトニック

 ロンサカパがストレートやロックにハードルを感じる人にオススメしているカクテル。しっかりとサカパを入れて混ぜた方がいいです。ロンサカパ自慢の強いフルーティーさとコクがトニックウォーターに丁度良い重みを与えていて美味しいです。

 ロンサカパのホームページには、季節ごとにオススメのカクテルが載っていたりします。正直言うと私も沢山ロンサカパのカクテルを試したわけではありません。
 もし飲み進めている中で「これはオススメ!」というのがあれば、追記していきたいと思います。


  • ロンサカパ
センテナリオ23年の感想


香り:★★★★★☆

味:★★★★★☆

カクテル:★★★★☆☆

デザイン:★★★☆☆☆

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:やや高

総合点:★★★★★☆

  • 感想
 初のダークラムのレビューとなりましたが、スイーツをいただく感覚で楽しかったです。さすがお菓子作りに使われているだけあります。大抵「ダークラムのオススメ」みたいな記事にはこちらのボトルが載っていますが、そこには確かに間違いない味わいがありました。
 カクテルに関しては「ダークラムを使用しなければならない」というレシピが少ないこともあり、シンプルなもののみのご紹介となりましたが、モヒートなど様々なラム酒ベースのカクテルに、このロンサカパを使用するのも面白いと思います。
 ラム酒は比較的ウイスキーよりコスパよく楽しめることでも人気がありますが、このボトルは5000円近くするためかなり高級なお酒に入ると思います。味は確かに素晴らしいものがありますが、この価格帯だとウイスキー好きな方なら特に他のお酒とどちらを購入するか迷ってしまうかもしれません。
 しかし、もしシェリー系ウイスキーやブランデーなど甘いタイプの蒸留酒がお好きな場合はぜひ手を伸ばしてみてほしいボトルだと感じました。




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。