本日のお酒はこちら!

IMG_3467
キリンウイスキー 陸です!

 こちらは割とまだ記憶に新しいキリンの新看板ウイスキーとして期待されていたボトルです。すごく出遅れましたが、ようやくレビューしていきます。


  • キリンウイスキー 陸の概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド ジャパニーズウイスキー

・価格:1500円前後(500ml)

・定価での入手難易度:低

・アルコール度数:50度

・特徴:2020年5月から発売されたキリンの新しい晩酌ウイスキーである陸。世界の大陸を見渡し原酒を厳選。ウイスキーの新大陸という意味で名付けられました。発売当初はかなり騒がれていて一瞬入手しづらい状況になることもありました。

 キリン自慢の富士御殿場蒸溜所で生産されていますが、主なベースはグレーン。キリンの持つネットワークを使い厳選されたウイスキーを調達しているそうです。グレーン系なのでバーボンやらカナディアンやらを想像しますが実際どこの何の銘柄かは明かされていません。

 ウイスキーの香味成分はアルコールに溶け込むという性質を活かすために50度という高いアルコール度数を誇るのもこの陸の特徴でもあります。

 この高アルコール度数、、、そしてキリンウイスキーと言うとやはり富士山麓シリーズを思い浮かべます。コスパ最強として名前が挙がっていた「富士山麓 樽熟原酒50度」という1000円ちょいで買えるボトルがあり、2019年に悔やまれつつ終売してしまいました。私がウイスキーにハマり出した時はギリギリ、スーパー等で見かけていましたが今はどこにもありません。
 この富士山麓樽熟原酒50度の後継として、陸が発売されたと言っても良いでしょう。多分。多くのウイスキーファン達の期待も高まるわけです、、。

 陸のラベルには
IMG_3468
「『RIKU WARNING』陸を飲む際の注意!」が英語で記載されています。HPにも内容が載っていて
①色々な飲み方をお愉しみください(ハイボール以外もお愉しみください。

②一人だけでなく、仲間ともお愉しみください。

③より豊かで、自由なウイスキーライフをお愉しみください。

だそうです。ぼっちの私はどうすりゃいいんだ!と思いますが、それは置いておきます。

反対側には
IMG_3469
 おすすめの飲み方が記載されています。ハイボールと水割りとお湯割りですね。更にHPには多くのアレンジレシピがあるので、是非参考にしてみましょう。
 注意①の「色々な飲み方で〜」とあるように、陸は飲み方の多様さを推していますね。


  • キリンウイスキー 陸 実飲
IMG_3471
 シンプルで斬新なラベルですね、バーコードが表面にデカデカとあるのも面白いです。500mlなのでボトルはコンパクトです。
 液色はややオレンジがかったゴールドです。

  • キリンウイスキー 陸の香り
 グレーン由来のバニラと、ふっくらした穀物の甘い香りがします。引き締めるようにオレンジが現れて、刺激へと繋がります。

  • キリンウイスキー 陸の味
 当然かもしれませんがやはりバーボンに近い傾向の味わいですね。口にするとそれがさらに実感できます。意外に甘ったるくはなくて、キレのあるスパイシーさ。さすが50度というべきパワフルな刺激。やはり余韻にかけて主張してくるドライオレンジのような酸味と苦味。
 お水を少し足すと香りがブワッと立ちますね、少し干し草のような緑を感じられます。お味は柑橘が引き立てられて苦味も増します。刺激は落ち着くので結構飲みやすいです。度数が高いので加水はすこーしずつがオススメです。
 水割りとロックを試してみました。どちらも美味しいですが、個人的にはロックがお気に入りです。

  • 陸ハイボール
IMG_3472

 色々な飲み方が紹介されていますが、やはりシンプルにこれが人気なのではと思います。この力強いキャラクターがハイボールにしても存在感を示してくれて良いですね!ドライな柑橘系のビターがハイボールにマッチして飲みごたえはあるけど、しつこく無いといういい感じなハイボールです。


  • キリンウイスキー 陸の感想



香り:★★★★☆☆

味:★★★★☆☆

ハイボール:★★★★★☆

デザイン:★★★☆☆☆

コスパ:★★★★☆☆

宅飲みオススメ度:高い

総合点:★★★★★☆

  • 感想
 この価格でこの力強い味わいは500mlボトルであることを考慮してもグッドでした。そもそも千円台で50度というパワーを持つウイスキーが珍しいので、その時点でこのボトルは強みを持っています。
 ジャパニーズウイスキーの繊細な味わいを〜というよりは、このキャラの強さを活かしてガツガツ飲みすすめるようなイメージで試した方が良いと思います。飲み方の多様さを尊重した癖の強すぎない味わいも飲み疲れないので、その点はこの陸が主張する「自由」な楽しみ方というところと一致します。
 ガツンとくるバーボンが好き、グレーンウイスキーが好きという方は良い晩酌のパートナーになると思います。
 これ気になってたな〜と思った方は是非ご検討ください!




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。