本日のお酒はこちら!

IMG_4238
富士山麓 
シグニチャーブレンドです!

 少し投稿が空いてしまいました。というのも今流行りの新型コロナウイルスに感染してしまい10日間自宅療養をしていました。比較的軽症でしたので今症状は鼻詰まり程度です。当ブログでも宅飲みを推していたのに、その私が感染してしまったのでちょっと落ち込みました。
 
 さて、気を取り直していきましょう。こちらのウイスキーはプレゼントとして頂いたウイスキーです。富士山麓は少し前まで白いラベルの「富士山麓樽熟原酒50度」の方を思い浮かべていましたが、それが終売してしまいました。現在はこの黒いラベルの富士山麓シグニチャーブレンドが一般化してきたように思います。
 久々のお酒ですが慎重にいただきます。


  • 富士山麓 
シグニチャーブレンドの概要

・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド ジャパニーズウイスキー

・価格:5000円前後

・定価での入手難易度:やや低

・アルコール度数:50度

・特徴:静岡県、富士山の麓にある1973年創設の蒸溜所「富士御殿場蒸溜所」で製作されているボトルです。ビールでも有名なキリンディスティラリーが経営しています。キリンのウイスキーといえば富士山麓シリーズの他に「陸」シングルグレーン富士」オークマスターシリーズ」などが挙げられます。

 富士御殿場蒸溜所では、富士の伏流水と平均13℃という低い気温が特徴の環境で作られています。
 モルト原酒も作られていますが、キリンウイスキーでメインとなるのがグレーン原酒の方です。「陸」でもご説明しましたが、ライトミディアムヘヴィーの3タイプにグレーンウイスキーが作り分けられていて、これら3種を丁寧にブレンドし富士山麓シリーズが出来上がります。蒸留器を使い分けて口当たりの違いを作り出しています。

 今回のシグニチャーブレンドは2017年から登場した新しいボトルです。当初は数量限定品でしたが、好評につき普通に販売されるようになりました。それぞれ、熟成がピークに達したグレーン原酒をブレンドして作られたワンランク上の味わいです。熟成年数はこだわらず様々なので、年数表記のないNV品となります。
 、、、といいつつ序盤でお話しした通り富士山麓樽熟原酒50度は終売となってしまったため、富士山麓はこのシグニチャーブレンドが唯一のラインナップとなってしまいました。

 以下、裏ラベルの文章です。

「富士山を望む蒸溜所で生まれたウイスキー。熟成のピークを迎えた原酒を厳選し、ブレンドした『富士山麓』の自信作です。甘い樽熟香と華やかな果実香、複層的で奥行きのある味わいをお愉しみください。」

それでは早速いただきます。


  • 富士山麓
シグニチャーブレンド 実飲
IMG_4240
 黒いラベルに富士山の絵。文字や富士山の雪は金色に光っていて高級感があります。
 IMG_4239
 シグニチャーブレンド(右)樽熟原酒50度(左)の比較です。シグニチャーブレンドの方が色がやや赤みがかって濃く見えました。

  • 富士山麓 シグニチャーブレンドの香り
 アルコールの刺激はやや強いですが、同時に樽由来でバニラ系の甘い香りがします。ほのかにバター、酸っぱいリンゴ、ザラメ糖。最初はツンときますが鼻が慣れてくると心地良いですね。

  • 富士山麓 シグニチャーブレンドの味
 シロップのように濃い甘さ、少しメープル系の癖が舌の奥に残る様子。さすがグレーン強めのキレの良さ、ライウイスキー系のサッパリした酸味が微かに漂います。麦、トウモロコシ畑の黄色い風。水を少しだけ足すと刺激はそのまま、個性がかなり増します。舌に纏わりつく感じが強くなりシグネチャーブレンドをよりしっかり味わっている実感が湧きます。刺激がかなり落ち着くまで加水をし続けても個性はまだ楽しめます。芯のある味わいですね。

  • 富士山麓シグニチャーハイボール
IMG_4224
 意外と甘さが控えめで、香ばしさ主体となります。焼きとうもろこし、全体的にキレはいいけどじんわりと焦げた感じ。余韻には若いアルコール臭があります。


  • 富士山麓
シグニチャーブレンドの感想


香り:★★★★☆☆

味:★★★★☆☆

ハイボール:★★★☆☆☆

デザイン:★★★★☆☆

コスパ:★★☆☆☆☆

宅飲みオススメ度:やや低

総合点:★★★☆☆☆

  • 感想
 しっかりと味のあるウイスキーといった印象でした。グレーンウイスキーがお好きな方には飲んでみてほしいです。加水をかなりしても変化や個性を楽しめるため、1杯で長く楽しめます。BARで1杯飲むなどのシチュエーションにオススメです。
 富士山麓といえばコスパ最強家飲みウイスキーのイメージが強いですが、それも過去の話。シグニチャーブレンドは税込5500円くらいで売られていることもしばしば。ちょっとこれは辛いな〜と思ってしまいました。50度というパワフルな度数は嬉しいですが、これが知多くらいの価格になってくれるとグンと買いやすくなるのにと思います。それ故、知名度的にもデザイン的にもプレゼントに良いウイスキーかも知れませんね。




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。