本日のお酒はこちら!

IMG_3822
デュワーズ 
カリビアンスムース8年です!

 こちらは割と記憶に新しいデュワーズの新シリーズです。デュワーズはシンプルなラインナップが多いため、このような少し変わったボトルやコンセプトに新鮮さを覚えました。
 それでは早速概要へ!


  • デュワーズ 
カリビアンスムース8年の概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド スコッチウイスキー

・価格:2200円前後

・定価での入手難易度:普通

・アルコール度数:40度

・特徴:アメリカを中心に世界的人気を誇るブレンデッドスコッチのデュワーズ。日本でも居酒屋の飲み放題メニューに載っているほどメジャーな存在ですね。今回のボトルは2021年新たに登場した8年熟成の「カスクシリーズ」第一弾です。

 デュワーズは1880年代頃から続くブランドで、様々な特徴がありますが、その中でも後熟の技術に長けています。
 後熟(ダブルエイジ、追熟などとも)とは樽熟成した原酒をブレンドし、完成〜となった後、更に何かしらの樽で数ヶ月から数年熟成させる事を指します。この工程でより熟成感が増したり、後熟に使用する樽の風味がついたりします。
 デュワーズのほとんどのボトルはアメリカンオーク樽で半年ほど後熟されています。

 デュワーズについては今までいくつかレビューをしてきました。「デュワーズ」リンクから是非ご覧ください。

 今回のカリビアンスムース8年は、8年以上樽熟成した原酒たちをブレンド。その後、ラム樽で後熟をして仕上げた一品です。
 ラム樽とはつまりラム酒の熟成に使用した樽です。ラム酒については「ラム酒」タグからご覧ください。サトウキビを原料とした中南米を中心に生産されている蒸留酒です。お菓子に使うお酒海賊のお酒というイメージが強いですよね。カリビアンとはカリブ海(メキシコ湾南側)の意、ラム酒の本場なのでカリビアンスムースという名前なのですね。
 このラム樽を熟成に使用する事でブラウンシュガーやトロピカルフルーツの香味が生まれるとのこと。非常に気になりますね。


  • デュワーズ
カリビアンスムース8年 実飲
IMG_3824
 水色のラベルが清々しいですね。このボトルは先行予約までして即購入した私ですが中々飲むタイミングが合わず。5月に発売されていて、コンセプト的にも夏向けなのだろうと思いますが少し遅れて11月に飲んでいきます。
 IMG_3826
 デュワーズホワイトラベル(左)と比較します。残量の差はありますが、8年は随分色が濃くなりますね。

  • デュワーズ 
カリビアンスムース8年の香り
 アルコール感はやや強めですが、まったりとした甘い香りもあります。少し青いバナナ、レモンライムの柑橘香、少しミルキーで滑らかな香りが、、。

  • デュワーズ
カリビアンスムース8年の味
 やはり最初はやや青臭い印象。キャラメル系の甘さと少しえぐみが。やはりライムのような苦味と柑橘香。口当たりは少しトロッとしたミルキーさが感じられて面白いのです。
 このややキツい味に口が慣れてると、先程のキャラメルとライムがより自然にスッと口や鼻に広がっていい感じです。
 公式のフレーバーノートにはキャラメルブラウンシュガートロピカルフルーツ(パインとココナッツのデザイン)と書かれています。キャラメルは分かりました。ブラウンシュガーは余韻に広がる甘味と香りでなるほど〜と思いました。ココナッツもまあミルキーな香味で分かりますがパインはちょっと分からなかったです。
 お水を足すと香りは随分爽やかに落ち着きますね。お味は口当たりがちょっと水っぽくなりますが刺激やえぐさが落ち着いてやや飲みやすくなる印象です。青い柑橘を中心としたフルーティーさが際立ちますね。
 ロックにすると更に更に酸味を持つフルーティーさが!独特のミルキーさなどは失われて一色に染まりますがこれはこれでアリです。

  • デュワーズ カリビアンハイボール
IMG_3827
 今回の炭酸水は私お馴染み「一杯しか飲まないDAY」で使用する缶の炭酸水です。コープに売っていた「ただの炭酸水」というもの。そう。ただの炭酸水でいい、ただの炭酸水がいいのです。高級だったり珍妙な炭酸水は晩酌日記に似合わないというかゴニョゴニョ、、、。
 さて、ハイボールにした結果、香りは「お!?」と思うほど面白く化けました。ミントや柑橘の爽やかさが溢れんばかりで夏にピッタリ。お味はややキャラメルの甘味がありますが基本はドライで癖のない仕上がり。模範的なスッキリ爽快ハイボールになり、さすがデュワーズと思いました。


  • デュワーズ 
カリビアンスムース8年の感想


香り:★★★☆☆☆

味:★★★☆☆☆

ハイボール:★★★★☆☆

デザイン:★★★★☆☆

コスパ: ★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:普通

総合点:★★★☆☆☆

  • 感想
 バリバリに夏向けのハイボール要員ウイスキーでした。ホワイトラベルでも柑橘香を楽しめますが、カリビアンスムースはより強く青い果実感の印象を持ちました。また、公式のノートにもあるブラウンシュガーの独特な余韻、全体を包むミルキーさなどで差別化できます。
 ラム樽というやや珍しい樽熟成というのもアツいですよね。有名所だとブッシュミルズやグレンフィディックのラム樽熟成品がありますが、今回のように手軽に、そしてデュワーズの名の下にある安心感で楽しめるのが良いところだと思います。
 お味は好みの問題もあり少し酷評気味となりましたが好きな人には刺さりそうです。ハイボールは素直に美味しかったです。特に香りがサイコーでした。
 発売当初は数量限定なこともあり、定価での入手が難しかった記憶があります。私はAmazonで先行予約購入しましたが、最近になって謎にあちこちで売られている光景を見て???となりました。
 一応数量限定らしいので気になる方は勢いで購入してしまっても良い気がします。ラム樽も使った8年もののデュワーズ、損はないと思います。
 ちなみに次回のデュワーズ「カスクシリーズ」のテーマはメスカルらしいです。メスカルはテキーラのようなお酒です。う〜むまた多分買っちゃうなぁ、、、。




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。