本日のお酒はこちら!

IMG_3911
モーツァルト 
ダークチョコレートです!

 こちらはリキュールなので、今回は番外編扱いです。様々な方に人気なチョコレート系リキュールです。美味しくアレンジしていきましょう!
 モーツァルト「ブラックチョコレート」とご紹介されることもありますがボトルには「ダークチョコレート」と書いているのでそちらを採用します!


  • モーツァルト 
ダークチョコレートの概要


​・種類:リキュール

・カテゴリー:ミルク系リキュール

・価格:2000円前後(500ml)

・定価での入手難易度:やや低

・アルコール度数:17度

・特徴:サンフランシスコワールドスピリッツコンペティションで最優秀金賞を受賞したこともある代表的なチョコレートリキュール「モーツァルト」。ラインナップにはミルクホワイトとこのダークの3種類があります。

 モーツァルトは、かの有名な作曲家アマデウス・モーツァルトの出身地と同じオーストリアのザルツブルクで生産されています。
 カカオ豆の厳選とたっぷり使われた生クリームなどが特徴ですが、1番はやはり最終行程の熟成にあります。
 モーツァルト社は数年間の研究で音波による攪拌作用を発見しました。熟成庫では2晩に渡ってモーツァルトの音楽を特製スピーカーでお酒に聴かせているそうです。曲目は弦楽四重奏曲ケッヘル155です。
 お花を育てる時に声をかけると綺麗に咲くとか、モーツァルトの曲を聴くと頭が良くなるとか色々迷信じみた話がありますが、これはこれで面白いですよね。


  • モーツァルト 
ダークチョコレート 実飲
IMG_3912
 よく見るゴールドのボトルはモーツァルトミルクチョコレートなんですよね。ダークはボトルもビターそうな色合いです。

  • モーツァルト ダークチョコレートの香り
 かなりビターなチョコレート。くどくなく、ザラザラとした印象の甘苦い香りがキレ良く楽しめますね。

  • モーツァルト ダークチョコレートの味
 うーむまんまチョコレート。ちょっと酸味すら感じる渋い苦味がチラつきます。中々にカカオ分の高いビターチョコ感。強い甘味で錯覚してしまいますが度数は17度、余韻にちゃんとアルコールを感じます。

  • モーツァルト 
ダークチョコレートのオススメカクテル

IMG_3914
・モーツァルトミルク
 モーツァルトの1番基本的なカクテルでしょうか。モーツァルト45mlに牛乳を適量注ぎます。よく混ぜていただきます。ホットミルクにしても美味しいですよ。

IMG_3916
・モーツァルトミルク ショート
 モーツァルトミルクのカイ太郎オリジナルアレンジです。モーツァルトダーク20ml、牛乳30ml、生クリーム15ml、オレンジキュラソー1ダッシュをハンドブレンダーで泡立てたあとシェーカーで軽くシェークします。公式でもオレンジとモーツァルトの組み合わせは推奨されています。皆様もぜひアレンジしてみてください。

IMG_3918
・ミレニアム
 「バトラー、バンホーテンのココアをよく練ってから持って来い。砂糖とミルクありありで。」という台詞を受けて作ったカイ太郎オリジナルカクテル。
 バンホーテンの純ココアをティースプーン二杯、砂糖小さじ少し多めの1杯、ごく少量の水を加えてゴテゴテに練ったあとモーツァルトを25ml加えてさらに練ります。そこに熱湯を満たし軽く混ぜてからやや甘めの生クリームをフロートして出来上がりです。香り高いココアとモーツァルトのビターで甘い味がお互い邪魔をせず楽しめます。お試しあれ。


  • モーツァルト
ダークチョコレートの感想

香り:★★★★☆☆

味:★★★★★☆

カクテル:★★★★★★

デザイン:★★★★☆☆

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:高い

総合点:★★★★★☆

  • 感想
 特に文句のつけようがないチョコレートリキュールです。個人的にはこれくらいビターな方がカクテルにもおつまみにも合わせやすいし、飽きもこないので好きです。

 強いて気になる所を挙げるとすれば、他のラインナップよりやや値段が上がること。そしてなぜかこのダークチョコレートだけ350mlが存在しないこと。ホワイトとミルクの方は350mlがあるんですけどね、、。
 クリーム系リキュールなので腐敗もします。開封後は常温ではなく冷蔵保存を。そして早めに飲み切るようにしましょう!



※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。