本日のお酒はこちら!


、、、ではなく、今回は余市遠征に行ってきたのでその様子を記録したいと思います。
 見学日は2022年5月31日です。2〜3年前にも1度余市蒸溜所見学に行きました。その時との違いについても書いていきたいと思います。

 今回の見学での目標は

1.石炭直火蒸留の工程を見る(前回見られなかった)。
2.お土産をいっぱい買う。
3.有料試飲コーナーで竹鶴25年を飲む。

です。

 それでは早速出発です!


  • 出発
IMG_4580
 札幌駅からJRで行こうと思ったのですが本数が少ないので高速バスに乗って行くことにしました。高速岩内号というバスが余市駅近くの「余市十字街」を経由するのでオススメです。その日限りの使用で、往復2090円です。

IMG_4582
 11時5分発の便に乗りました。コロナ前だと余市蒸溜所は自由見学もあったのですが、3年前くらいから見学はツアー付きの完全予約制になりました。私は1週間前くらいにネット予約をしました。
 私は乗り物酔いをしやすいので酔い止めを飲んで行きました、、。車内にはトイレがあったので一安心です笑。バスは札幌から円山、小樽、蘭島を経由して余市に向かいます。


  • 余市到着
IMG_4586
 12時45分頃到着しました。約1時間40分ほどかかりました。降りて少し歩くと遠くに余市駅が見えます。この日はあいにくの雨。風も強いですが、雨天決行です。

 
IMG_4587
 雨風強く、飲食店も閉まっているところが多かったです。あちこちに樽が置いてあり余市らしいなぁと思いましたが、街はひっそりとしています。見学は14時からの予約だったので、駅のそばにあるオシャレなカフェで一休み。カフェモカを注文しました。泡がきめ細かく、甘さも丁度良いです。美味しい。


  • 余市蒸溜所到着 
IMG_4588
 駅のすぐそばにある、レンガと赤い屋根が特徴の施設。ここがニッカウヰスキーの余市蒸溜所です。街には人がほぼいませんでしたが蒸溜所にはたくさんの見学者がいました。
 予約した時の名前を言い、入場証を貰い中へと進みます。

IMG_4592
 ツアー開始時間まで待合室で待機します。中にはステンドグラスの大きなローリー卿髭おじさん。

 
IMG_4593
 昔のボトルや記念ボトル、色紙などが展示されています。ガラスに色々写っちゃってますがお許しください。

IMG_4594
 こんな貴重品もズラリ。ほ、欲しい、、、!ウイスキーづくりの工程などが壁やパンフレットに書いてあるので待機時間に予習もできます。そうこうしてるとガイドさんがやってきて見学中の注意などのアナウンスが始まります。では見学に出発です。


 次回、ウイスキーの製造工程を実際に見にいきます。「余市蒸溜所見学(中編)」へと続きます。