本日のお酒はこちら!

IMG_4849
ジャックダニエル
シングルバレルです!


 とある店のお酒売り場に忘れ去られたかのようにひとつ置いてありました。値段を見るとかなり安かったので衝動買い。ああ、今月分のお酒はもう買えないなあと思いながら、このような予定していないお酒、偶然な出会いを楽しみにしている自分がいます。
 それでは早速概要へ!


  • ジャックダニエル 
シングルバレルの概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:アメリカンウイスキー(テネシーウイスキー)

・価格:5500円前後

・定価での入手難易度:普通

・アルコール度数:47度(並行品は45度)

・特徴:テネシーウイスキーを代表するジャックダニエルの個性を楽しめるボトルです。

 「ジャックダニエル」については過去にレビューをしていますので是非ご覧ください。

 簡単におさらいしましょう。アメリカのテネシー州で様々な規定を守り作られていて、1つのカテゴリーとしても確立した「テネシーウイスキー」。ジャックダニエルはそのテネシーウイスキーの中で世界的に最も有名な銘柄と言えるでしょう。
 チャコールメロウィングと呼ばれる製法で、蒸留した原液をサトウカエデの木炭で一滴ずつ丁寧に濾過をしています。
 また、原料にトウモロコシの比率が多い。樽のチャー(内側を焼き焦がすこと)を強く行っている点などが特徴です。

 今回ご紹介するジャックダニエルのシングルバレルは名前の通り、ジャックダニエルの熟成を行っている一つの樽を選びボトリングしたものです。
 これもおさらいにはなりますが、一般的にほとんどのウイスキーは様々な原酒をブレンドしてできています。例えばジャックダニエルのレギュラーボトルであるOld No.7も様々な樽の原酒を混ぜて味の調整、均一化します。
 しかしシングルバレルとよばれるものは、どれか1つの樽のみを選び、その樽で熟成されたもののみを使用しています。そのためより樽の個性が出た味わいが楽しめます。ボトルにはどの樽が使われたのか分かるようにナンバーが記されています。私のはボトルNo.20-06109、ボトル詰された日は2020年1月10日のものです。

 ジャックダニエルシングルバレルはアルコール度数が47度で、一般的なジャックダニエルOld No.7は40度なので高めに設定されています。
 私の今回ご紹介するものは並行輸入品で、45度と度数低めのものとなっていますが、やはり普通のジャックよりは高い度数です。
 ちなみにジャックダニエルシングルバレル100プルーフという50度の商品も存在します。

 それではいただきましょう!


  • ジャックダニエル
シングルバレル 実飲
IMG_4850
 ゴツい四角いボトルに、ジャックダニエルと一目でわかるお洒落ラベル。

IMG_4851
 グラスが違ってすみません。色や味の違いを調べるためにシングルバレル(左)Old Nn.7(右)を並べてみました。シングルバレルの方が赤褐色に濃いように見えますね。


  • ジャックダニエル
シングルバレルの香り
 基本的にはジャックダニエルの香りですが、濃ゆく、特に酸味系の香りが強いです。カラメル、バナナ、バルサミコ酢、溶剤。

  • ジャックダニエル
シングルバレルの味
 やはり味わいも酸味部分が強化され、青いバナナ系の味があります。やや渋く刺激もパワーアップ。カラメルの苦味、中間にオレンジやリンゴ、余韻はそれらフルーティーが爽やかに。背景には常にジャックダニエルらしい香ばしさと溶剤感が漂います。
 加水をするとカラメルの甘苦さが前に出てきますね。大人のお菓子っぽい味わいが楽しめます。

  • シングルバレルジャックソーダ
IMG_4852
 贅沢なジャックソーダです。お味はフルーティー、カラメル、樽感の3つの味がよく出ていて、少しビターで素直にウマいハイボールです。ただやや樽感のクセがハイボールで強く出ている様に感じます。そもそもジャックソーダが私は大好きなので特に問題なく美味いと思いました。


  • ジャックダニエル
シングルバレルの感想


香り:★★★★☆☆

味:★★★★★☆

ハイボール:★★★★☆☆

面白さ:★★★★☆☆

デザイン:★★★★★☆

コスパ:★★☆☆☆☆

宅飲みオススメ度:普通

総合点:★★★★☆☆

  • 感想
 まずジャックダニエルが美味いので、そもそもとしての高評価は変わりませんでした。どこか味が落ちたとかはなく、より濃厚に、どこか味わいのパーツが強調されていて面白かったです。
 せっかくのシングルバレルなので、まずはストレート、加水、ロックと飲み進めるのが無難だと思います。思う存分ジャックの個性を堪能しましょう。
 今回ご紹介したボトルは、ジャックダニエル愛好者向けのファンボトルのようなイメージです。まずはジャックダニエルを飲んで、興味を持ったら一口どこかで味見というのが理想的な流れのように感じますがいかがでしょうか。
 値段が高すぎるというわけではない微妙な価格ラインで、私は購入にやや勇気が必要でした。ボトル買いには少々コスパに難を感じますが、ジャックダニエル好きなら一度は飲んで損はないボトルかと思います。




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。