本日のお酒はこちら!

IMG_5392
バランタイン12年です!

 とても有名なボトルで、実は私もこれは2本ほど既に空けてきました。もう過去に紹介したと思い込んでいましたが、過去の記事を見返すとまだだと発覚したためご紹介させていただきます。それでは概要にいきましょう!


  • バランタイン12年の概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド スコッチウイスキー

・価格:2500円前後

・定価での入手難易度:低

・アルコール度数:40度

・特徴:バランタインはジョニーウォーカーに次いで売り上げNo.2のスコッチを代表する銘柄です。レギュラーの「バランタインファイネスト」よりワンランク上に位置するラインナップがこのバランタイン12年です。

 過去に「バランタイン」シリーズはいくつかレビューしてきましたので是非ご覧ください。

 軽くおさらいしていきます。バランタインは1869年から創業者であるジョージ・バランタイン氏によって作られ始めたブレンデッドウイスキーです。ヴィクトリア女王から王室御用達ウイスキーとしての称号を与えられたことでも有名です。

 バランタイン12年は40種類以上のモルト、グレーン原酒が使用されていますが、その中でもバランタインの味の基礎を作る「魔法の七柱」と呼ばれるモルトウイスキーが公開されています。

1.グレンガダム
2.グレンバーギ
3.ミルトンダフ
4.スキャパ
5.アードベッグ
6.オールドプルトニー
7.バルブレア

 の7つです。飲んだことがあるもの無いもの色々ありますが、これら一つずつ飲んでみたいなあとは思っています。
 12年の年数表記があるので、最低12年以上熟成されています。プチ贅沢なブレンデッドスコッチですね。

 個人的な話なのですが、バランタインのレギュラーラインナップであるバランタインファイネストはウイスキーに興味を持つキッカケになったボトルで、当ブログ1杯目にご紹介したお酒でもあります。思い入れのあるウイスキーですが贔屓目なしに、早速いただきます。


  • バランタイン12年 実飲
IMG_5393
 割と濃い色ですね。このV字型のラベルは「シェブロンシェイプ」と呼ばれています。「保護」や「信頼できる建築家」を意味する紋章だそうです。

  • バランタイン12年の香り
 華やかさと甘い香りがメインです。バニラ&ブーケといった印象。シュガーフレーク、奥にうっすらと潮を感じるような、、。何度も強く吸い込むと甘さがメインですが、背景の潮やピートが少しずつハッキリします。

  • バランタイン12年の味
 香りからの印象と重なる味わい。とにかく華やかで甘いんですよね。甘味が結構ねっとりしていて、フローラルなハチミツ、ミルクセーキ。微かに金属のようなニュアンス、渋いブドウ、ビターチョコレート。香りほどピートやヨードは感じません。 加水をすると香りは一気にジューシーフルティー!味わいも刺激はなくなりフルーティーな甘さ華やかさがまっすぐに感じられます。

  • バランタイン12年ハイボール
IMG_5395
 粘り気のある甘さが今度は強く感じますね。余韻にやや渋い酸味を帯びる味わい。ハイボールは無難に美味しいですね。


  • バランタイン12年の感想


香り:★★★★☆☆

味:★★★★☆☆

ハイボール:★★★★☆☆

デザイン:★★★☆☆☆

面白さ:★★★☆☆☆

コスパ:★★★★☆☆

宅飲みオススメ度:かなり高い

総合点:★★★★☆☆

  • 感想
 特に非の打ち所がない良質なウイスキーでした。ファイネストに比べるとよりねっとりした甘味が目立ちました。個人的に好きな飲み方はストレートからの加水でした。心地よいフルーティーさや華やかさを感じられます。
 二千円台前半で購入できる場合はちょい贅沢飲みとしてボトル購入をしても良いと思います。シーバスリーガル12年、ジョニーウォーカーブラックラベルなどと同じくらいの価格帯なのでこれらを一通り飲んでみて晩酌用ウイスキーを決めるのが贅沢宅飲みの第一歩かもしれません。
 2022年11月現在、バランタイン12年は出荷規制され店頭にあまり並ばなくなりました。ネットでも3千円を超えています。おそらくしばらく待てば元通りになるとは思いますが、タイミングを見て一度は飲んでみていただきたいウイスキーです。






※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。