本日のお酒はこちら!

IMG_5568
ラッキーラビット
スリングショットジンです!

 2023年初紹介記事は2本だてでいきます!どちらも番外編メニューですが、まずは卯年を記念してラッキーラビットから乾杯しましょうか。それでは早速概要へ!


  • ラッキーラビットの概要


・種類:ビール

・価格:300円前後

・入手難易度:普通

・アルコール度数:5度

・特徴:京都の
黄桜株式会社より発売されているラッキー干支ビールのシリーズです。一昨年の、昨年のと続いて私は毎年飲んでいます。ラッキータイガーと同じく時間をかけて行うゆるやか濾過製法旨味ペールエールとのこと。原材料の麦芽がドイツ産と明記されていましたがラビットは海外産となっていました。ドイツ以外の国のホップも使うようになったのかしら?
 原材料の一部に日本酒で使用しているお米が含まれているとのこと。そのお米の力でホップの香り立ちが良くなるそうです。

 缶の裏側には

「白ワインのようなフルーティーなアロマと心地のよいモルト感が幸せな気分を運んでくれます。ゴクゴク、プハ〜、あ〜幸せ。さあ卯年だ、めでたしめでたし。」

と書いてあります。
 それではいただきます、乾杯〜!


  • ラッキーラビット 実飲
IMG_5569
 ブサカワというべきなのでしょうか。よくみると独特な顔をしたウサギさんですね。香りはフルーティーで良い感じ!

  • ラッキーラビットの味わい
 白ワインのような香りに爽やかで軽快なグレープフルーツ。余韻はペールエールならではの苦味が舌に残るのですがお米パワーなのか少しまろやかに大人しく感じるんですよね。植物感が強い飲みやすいペールエールでした。


  • ラッキーラビットの感想


味わい:★★★★☆☆

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:やや高

総合点:★★★★☆☆

  • 感想
 次の年を迎える場や、一年の始まりに飲むにはピッタリのビールですね。何だかんだ私も一年に2缶ほど飲んで新年を感じています。
 洋食も多いお節料理なんかと相性が特に良さそうなので、ぜひまだ飲んだことがない方はお試しください。次はラッキードラゴンが出たりするのかな、、。



  • スリングショットジン
ウォーターメロン&キューカンバーの概要


・種類:リキュール

・価格:700円前後(30ml×3本)

・入手難易度:普通

・アルコール度数:20度

・特徴:オーストラリアから登場したジンベースのワンショットカクテルです。蓋を剥がしてクイっと飲み込むだけで2種のお酒が混ざり立派なカクテルになります。
 今回はウォーターメロン&キューカンバー味。ウォーターメロン(すいか)とキューカンバー(きゅうり)の夏らしい爽やかな組み合わせですね。外は吹雪いていますが。
 他にもピーチ&クランベリー、オレンジ&ライム、アガベ&ライム、ラズベリー&パイナップル、エナジー&ハーブなど多種多様な面白いフレーバーが存在しているみたいです。
 ではクイっとやってみましょう。


  • スリングショットジン
ウォーターメロン&キューカンバー 実飲
IMG_5565
 カラフルでいかにも海外のホームパーティー感が漂うビジュアルしています。真ん中に仕切りがあり、クイっと一気に口に流し込むことで口内調合によりカクテルの味を楽しめるみたいです。ニコラシカみたいなイメージですかね。

IMG_5566
 前回投稿したお酒の福袋に入っていました。せっかくなので友人と3人で飲みました。寒い外に行く前に、せーので乾杯!
 ん、緊張して飲んだのですが意外と飲みやすいです。どちらかといえばスイカの味が強いですが、スイカのグミみたいな。海外のお菓子っぽいワザとらしい味わいがします。これはエンジンがかかりますね。1杯なら全然大丈夫でしたが、20度のショットドリンクなので皆さんもしも飲む際はお気をつけて。

(※おまけ紹介のため、本商品の★星評価は省略します。)


  • まとめ
 やっぱりお酒は楽しいなあ!2023年、これからもお酒投稿を続けます。
おそらく今年もマイペースな投稿になってしまいますが、よろしくお願いします!








※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。