いよいよ40杯目となりました、今回のお酒はこちら!

IMG_2251
シングルモルト白州(NV)です!

 かなり最初の投稿、たしか7杯目くらいに「シングルモルト山崎(NV)」をご紹介しました。今回の白州は同じくサントリー社を、そして日本を代表する有名シングルモルトとなります。
 入手が比較的可能で、なおかつ日本を代表する4大ジャパニーズシングルモルトはニッカウヰスキー社の「余市」「宮城峡」そしてサントリーの「山崎」「白州」であるイメージが強いです。多分ですが、私以外の人もその4つのを挙げることが多いと思います。
 IMG_2255
 上の写真の4本がそれらの集合写真なのですが、並べると更に迫力が増します。去年くらいのことですが、初めて揃えた時は高い満足感と共に

「ようやくここまで来たか、、、」

みたいな気持ちになった覚えがあります。一種のステータス感はやはり凄いです。
 これら宮城峡、余市、山崎はそれぞれ個別にレビュー記事を投稿していますので、もし興味が湧きましたら是非ご覧になってみてください。今回は4大の最後、白州をいただきます。

 ちなみに今回も例に倣って「白州NV」と呼んでいきます。


  • 白州NVの概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:シングルモルト ジャパニーズウイスキー

・価格:4500円前後、実際は7500円前後

・定価での入手難易度:かなり高

・アルコール度数:43度

・特徴:サントリーが生み出した森を感じるシングルモルトウイスキーの白州。そのラインナップの中で白州NVはスタンダードな位置にいるボトルです。

 白州蒸留所は山梨県の北杜市にあります。白州づくりに使われている水は尾白川の水で、日本名水100選にも選ばれるくらいの綺麗な川だそうです。蒸留所周辺は緑豊かな森林に囲まれているらしく、ぜひ一度見学に行ってみたいです。

 白州蒸溜所は1973年に建設されました。この年がサントリー生誕50周年だとか。この白州NVは2012年から販売されました。白州12年が元々スタンダードボトルでしたが、やはり原酒不足の波にのまれました。
 結構昔の話ですが、今まで紹介した蒸留所の中ではかなり新しい部類に入ります。

 白州は色々な樽での熟成を行なっていて、様々な原酒をサントリーお得意のブレンド技術で融合させています。
 ウイスキー製造工程の一つ、「発酵」に特徴があり木桶発酵槽という桶で手間をかけて行われます。ステンレス製などが多いのですが、これは気になりますね。独自の乳酸菌を使いその桶で発酵させるため白州ならではの味わいとなるようです。
 モルトはライトリーピーテッドと呼ばれる、名前の通り軽めのピートが特徴の物を使用します。樽はアメリカンオークバーボン樽シェリー樽などが使われているそうです。それでは日本を代表するシングルモルト白州、飲みます!


  • 白州NV   実飲
IMG_2256
 色は明るいゴールドです。緑と白のボトルが綺麗で自然を感じます。今回も180mlボトルの方を飲んでいきます。中身は同じなのでご了承願います。

  • 白州NVの香り
 爽やかな洋梨、みずみずしい若葉、うーむさすが森を感じると言われるだけあります。若干ミントやハッカのような爽快感がありますが、微かなピートや樽のビターや香ばしさがあり、ただ軽いというわけでもないです。

  • 白州NVの味
 緑茶のような苦味の後にリンゴ系の甘酸っぱさがあります。その後余韻にかけて樽の香ばしさや若干の渋みがあります。ただ、それらは軽やかで不快感はありません。
 加水をすると更に甘さが控えめとなり木材や若葉を感じる味わいとなります。

  • 森香るハイボール
IMG_2257
 白州を使ったハイボールは「森香るハイボール」と呼ばれるみたいです。すごくいい名前ですね。

 ハイボールにすると甘さとコクが一気に増して美味しいです。流石ハイボールが合うと有名なだけありますね。爽快感もあり味わい深さもある上質なオールラウンダーハイボールです。
FullSizeRender
 森香るハイボールはこのようにミントを添えることもオススメされますが、ミントの葉が常にある家は珍しいと思います。もしミントが近くに売っていたり栽培に興味がある人は是非お試しください。

 ちなみに私はペパーミントを栽培していましたが、北海道で健康なミントを栽培するのは意外と大変で苦労しています。


  • 白州NVの感想


香り:★★★★☆☆

味:★★★★☆☆

ハイボール:★★★★☆☆

デザイン:★★★★☆☆

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:普通

総合点:★★★★☆☆

  • 感想
 一見アッサリしたキャラクターですが意外にも個性的で本当に「緑」が似合うウイスキーでした。コスパ的には少々難ありなのですが何度も飲んでみたくなるようなお酒でした。そのためボトル買いが必要なのかなぁとも思います。
 ただ宅飲み勢に吉報なのですが、こちら白州も180mlボトルが定期的にコンビニに出荷されています。ちゃんと定価ですし、気になっている人は、もし見かけたらサッと買ってしまうのが良いと思います。





※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。