本日2杯目となりますが、こちら!

IMG_2470
ティーチャーズ
ハイランドクリームです!

 こちらは最強コスパとしてよく名前が挙がるウイスキーで、日本でも芸能人が広告などに出て積極的に宣伝されています。低価格帯のマイウイスキーを探し求めているので次はこのティーチャーズに手を出したいと思います。
 「スモーキー」であることをアピールしていますが、ウイスキーのスモーキーさと言われてなんとなく分かる人って意外と多いんでしょうか?2年前位だと私は「??」となっていたと思います。

  • ティーチャーズ
ハイランドクリームの概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド スコッチウイスキー

・価格:1200円前後(700ml)

・定価での入手難易度:低

・アルコール度数:40度

・特徴:1876年に作り出されたブレンデッドウイスキーで、昔からコストパフォーマンスを意識し、飲み手に寄り添うスタイルをとってきました。ティーチャーズとは創作者であるウィリアム・ティーチャー氏の名前からとっています。

 ティーチャーズは自社専用の蒸留所であるアードモア蒸留所を建設しています。また、グレンドロナック蒸留所を買収して原酒を使用しています。「グレンドロナック12年」は過去にレビューを投稿していますので興味がありましたら是非ご覧ください。
 これら2つのハイランド地方のモルトをキーモルトとしてブレンドしています。特にアードモアはピート(泥炭)をしっかりと焚いて麦芽に香りを染み込ませているので、ティーチャーズでもそのスモーキーさが感じられます。
 また、ティーチャーズはブレンデッドウイスキーなのですが、材料としてモルトウイスキーの割合が45%くらいです。通常だとモルトウイスキーの割合は30〜35%程度のことが多く、ほかのブレンデッドウイスキーよりモルトの割合が高いことが分かります。何とも贅沢な仕上がりですね。


  • ティーチャーズ
ハイランドクリーム 実飲
IMG_2471
 独特な形のボトルとデザインですね。ハイランドクリームという響きが何とも美味そうに聞こえるのは私だけでしょうか。
 
  • ティーチャーズハイランドクリームの香り
 若干のパウダー感がある甘い香りがします。名前のクリームに影響されてか本当に微妙なミルキーさを覚えました。奥に金属系の匂いもして意外性が高かったです。

  • ティーチャーズハイランドクリームの味
 濃いバニラ系の甘さ、甘口のカフェオレ、少し明るめの印象を持つスモーク。そのスモーキーさは単調ながら余韻は長持ちします。そこに合わせてやはり独特の金属感の冷たく硬い味。グレンドロナックのシェリー樽由来なのでしょうか?難しいです。アルコール刺激は予想より感じられません。大人しい方だと思います。
 お水を足すとその微かなシェリー樽系統の味わいが少し分かりやすくなったような。更にスパイシーさが増したように感じます。

  • ティーチャーズハイボール
IMG_2473
 多分これがティーチャーズの一番飲まれているスタイルですね。
 ハイボールにするとかなりしっかりとした洋梨の爽やかさが現れます。余韻はやはりまったりとしたイメージで、若干シェリー樽っぽいえぐみを感じます。


  • ティーチャーズ
ハイランドクリームの感想



香り:★★★☆☆☆

味:★★★☆☆☆

ハイボール:★★★★☆☆

面白さ:★★★☆☆☆

デザイン:★★★☆☆☆

コスパ:★★★☆☆☆

宅飲みオススメ度:やや高

総合点:★★★☆☆☆

  • 感想
 この価格でしっかりとしたスモーキーさはアピールするだけのことはあるなあと思います。ただ独特な香りも混じり合うので好みの分かれそうなタイプでもあるような、、、。オススメの飲み方はハイボールで、ティーチャーズの真価を発揮してくれます。
 ティーチャーズはラインナップが少なめで、他に入手しやすいものはティーチャーズセレクトくらいでしょうか。お値段もお手頃なのでお試しの気分で色々飲んでみるのも良いかと思います。最近だと宣伝広告も多いので居酒屋などでも味わえるチャンスが増えそうですね。




※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。