本日2杯目となるお酒、それはこちら!
IMG_2533
スーパーニッカです!

 こちらのウイスキーは結構な割合でスーパー、コンビニに並んでいます。少し高めの価格と不思議な形。特に若い人では中々スーパーニッカを飲んでる人を見かけません。
 私も存在は知っていたものの購入に踏み切ることがなく時間が過ぎていきました。が、ブラックニッカの限定品とセットで安く販売されていたので購入。ついでがあって良かったです。


  • スーパーニッカの概要


・種類:ウイスキー

・カテゴリー:ブレンデッド ジャパニーズウイスキー

・価格:2700円前後(700ml)

・定価での入手難易度:低

・アルコール度数:43度

・特徴:ニッカウヰスキーが発売するスーパーニッカシリーズ唯一のラインナップです。竹鶴政孝氏の妻であるリタ氏が亡くなった時に作られたウイスキーです。

 竹鶴政孝氏とリタ氏は1920年に結婚をし、1961年にリタ氏が亡くなるまでお互いを支え合って暮らしていました。波瀾万丈でドラマにもなった有名なストーリーですね。
 その亡き妻に捧げる愛と感謝のウイスキーとして翌年1962年にスーパーニッカは作られました。竹鶴政孝氏とその息子さんが共同開発したそうです。
 販売当時は生産量も少なく、価格も超高級で幻のお酒扱いをされていたようです。ブレンド内容やボトルを変えながら今日家庭で楽しめるボトルとなりました。

 スーパーニッカはニッカウヰスキーが誇る余市宮城峡のモルト原酒、カフェグレーンなどが使われています。その他一部海外輸入原酒を使用しています。
 今までニッカウヰスキーは私もいくつかレビューしてきました。

「余市NV」
「宮城峡NV」
「竹鶴NV(旧)」
「ザ・ニッカ テーラード」


その他いくつかブラックニッカシリーズなどをレビューしていますので最後のタグを活用してご覧いただけると嬉しいです。


  • スーパーニッカ 実飲
IMG_2534
 この雫、涙ともとれるボトルは感慨深いものがあります。ちなみに初期の頃はボトルの材質や作り方からこだわっていて高級さが増していたようです。

  • スーパーニッカの香り
 宮城峡由来の酸味のある葡萄が感じられます。そのあと蜜のような甘い香り、スッとアルコール臭。ピートの香りも結構あります。

  • スーパーニッカの味
 一瞬明るい色の葡萄が現れてすぐにレーズンっぽくなります。そのあとはバニラ、黒蜜、コクの強いピートフレーバーを感じられます。余韻はピートとリンゴの味わいが混じり合います。アルコール刺激は並程度でしょうか。
 お水を足すと香りは随分とフルーティー、味はチョコレート系の甘さも現れて飲みやすさがグンと増します。

  • スーパーニッカハイボール

IMG_2535
 この湧き上がる泡の一つ一つが愛と感謝の思い出らしいです。僕もそんな人生になりたいなあ。頑張ろ。
 お味はリンゴが主体の爽やかさと後味にひっそりとピートのコクがありバランスが良いハイボールだと思います。


  • スーパーニッカの感想


香り:★★★★☆☆

味:★★★★★☆

ハイボール:★★★★☆☆

面白さ:★★★★☆☆

デザイン:★★★☆☆☆

コスパ:★★★★☆☆

宅飲みオススメ度:やや高

総合点:★★★★☆☆

  • 感想
 予想以上の完成度でとても嬉しかったです。ストレートもハイボールも飽きが来ない味でした。アルコール感はありますが、個人的にストレートも美味しいなあと思います。
 様々な食事やおつまみにも合う味わいなので自由度が高く、宅飲み用としてもアリだと思います。
 ちょっと贅沢な価格帯ですが、3000円以内クラスのウイスキーであれば購入の選択肢に入れても良い出来栄えだと思います。まだ飲んだことがない人は未知との遭遇として一度飲んでみることをオススメします。
 今は500mlの小ぶりなボトルや50mlのミニチュアボトルが出ていますので、少し味見できりゃいいんだよと言う方は是非そちらも検討していただければと思います!




旧ラベルですが、、、



※ご指摘やご意見などがございましたらお気軽にコメントいただけると助かります。